子供のどもりについての情報を集めました。

私はこれで 吃音が良くなりました(^^)〜■福音式 吃音(どもり)克服プログラム

子供 どもり

 

子供のどもりは、自然に治る場合が多いです

子供の場合、「どもり」の症状は 見受けられるものです。

 

幼児期に発症するどもり(吃音)はる一次性吃音と呼ばれるのですが、約50%の幼児が小学校入学後に自然と治るようです。

 

大人になってもどもりが続く人は100人に1人といわれています。

 

幼児期のどもりの割合は、男の子の方が女の子よりも多いようです。

 

男女間で、3倍以上の開きを見せています。

 

 

子供にどもりの症状がみられても、注意しないようにしましょう

 

幼児期や子供のどもり、特に男の子は、どもりの症状が多くみられると思っていいでしょう。

 

なので、自分のこどもに「どもり」の症状がみられても、あまり気にしないのが一番です。

 

子供に、

 

「どもりを治しなさい」

 

と言うと、喋る時に

 

「どもらないようにしなくっちゃ」

 

と脅迫概念にかられ、>かえってどもりがひどくなる場合が多々あります。

子供 どもりエントリー一覧

どもり 2歳
子供の吃音は一次性吃音です2歳の子のどもりは、一次性吃音です。『一次性吃音』とは『意識してない』状態をいいます。大体生後2から3歳までに一次性吃音は起こり治ると言われています。これに対し、吃音に悩んで、また努力をしたあげく非常に心理的な負荷が大きくなって、またそれによって吃音がひどくなる状態を、『二次性吃音』といいます。2歳はどもりが多い時期です特に2歳というのは一番言語の差が激しく無口な子と、おしゃべりする子がかなり差があります。この一次性吃音は、大体10〜30パーセントくらいあると言われてい...
子ども どもり
どもりはスタート地点「どもる」という事実は、それ以上でもなくそれ以下でもないということなです。ある意味、スタート地点ということなんです。「どもり」というのは、幼児期に多くの子供が経験するものです。どもりを意識させない事が子どもにとって大切もし、その子が、「どもる」事を、注意されたりして、どもる自分を恥じたり、どもる事を悪いことだと思ってしまうのは、子どもにとって、良い事ではありません。その子どもの人間関係、自己の成長過程において、大きな問題を残すこととなるでしょう。子どもが「自分はどもっていて、...
子供 人見知り
子供の人見知りは温かく見守って私も子供の頃、ひどい人見知りでした。小さい子や小学校、中学校、大人になっても人見知りの人はいるものです。人見知りは、経験を積む事で、少しずつ良くなっていくものです。温かく見守ってあげて欲しいなと思います。子供に自信を持たせてあげましょう人見知りの子にも、それぞれ、特技や得意な分野があるものです。その部分を褒めて、伸ばしてあげるといいと思います。得意な分野があると、子供も大人でも嬉しいものです。そして、その得意な分野を通じて、友人が増えていくものです。人見知りの子共の...
幼児 どもり
幼児のどもりについてまとめてみました。お子さんのどもりでお悩みの方、参考にして下さい。「どもり」が発症しやすい年齢 2歳〜5歳どもりは、2歳から5歳位の幼児期に始まる子がほとんどです。この時期は、幼児が活発に言葉を話し始める、言語発達の急激な時期にあたります。この時期に、幼児にこれといった原因はないのに、言葉につっかえ始める子がほとんどです。突発的につっかえ始めることもあります。これらを「発達性吃音」といい、「どもり」の9割以上が発達性吃音と言われています。どもる幼児の割合 5%どもる幼児の割合...